banner

交通事故トラブルを考える

交通事故のトラブル解決に裁判費用を掛けない方法

交通事故が起きると、被害者となった人は加害者に損害賠償金を請求します。勿論それにはお互いの過失割合を算出した上で相殺をする事によって、その請求金額は変わって来るという事ですが、どちらにしても被害者と加害者は保険会社等が表に立って示談交渉を行う事になるでしょう。

その示談交渉においてお互いの主張が平行線となった場合、更にはお互いが感情的になってしまい交渉が決裂した場合には、法律で公正な判断をして貰うように考えるのではないでしょうか。法律と聞くと裁判を思い浮かべるかもしれません。裁判所に訴訟を起こすとなると、通常は弁護士に弁護や代理人を依頼する事になります。その場合は弁護士に支払う費用は損害賠償金の金額を超える事もあるのではないでしょうか。

裁判費用は裁判に負けた人が支払う事になるようですが、その判決結果も裁判前に見越す事は難しく、結果的に裁判費用がどの位の金額となるのかは予測が難しいのではないでしょうか。交通事故の示談交渉がこじれた場合は、いきなり裁判を起こすのではなく、住所のある場所の管轄である簡易裁判所に民事調停の申し立てをする事が、最もお金が掛からない方法のようです。

裁判費用として大きなウエイトを占める弁護士費用ですが、その金額は着手金を含めると何十万円も掛かる事は必至となりますが、民事調停ならば弁護士に弁護や代理人を依頼する必要は無いようです。調停委員の人に自分自身で直接交通事故の関する事や損害賠償について主張をする事で、公平な目で双方へアドバイスを行い、お互いの主張が近付くように働きかけてくれます。

交通事故の当事者が直接会う事無く、仲立ちをしてくれる調停委員に任せておくだけで争いの仲裁をして解決へと導いてくれますが、そんな行政サービスを利用する事で費用を最低限に抑える事が出来ます。調停の費用は請求をしたい損害賠償の金額によって違って来るようです。請求の費用が50万円までならば調停費用は2,500円となっていて、100万円ならば5,000円程となっているので、裁判に比べると極めてリーズナブルと言えるでしょう。

民事調停でも解決がされない場合、その時には裁判へと進む事となります。その場合には前述のようにそれ相応の費用が掛かりますので、調停ではその先の裁判の事も考慮の上お互いに譲歩をする事も必要となるのではないでしょうか。裁判となるとお互いにマイナスとなる事も多いので、民事調停で和解になる方向に進む事がベストと言えるでしょう。

Copyright(c) 2014 交通事故のトラブルに対する対処All Rights Reserved.