banner

交通事故の当て逃げのとき

交通事故の1つでもある当て逃げに遭った時の対処

交通事故の種類には色々有り、事故の大小に係わらず被害者となった場合には自分の体は勿論の事ですが、大切な財産である車を損傷する事にもなり、肉体の傷みと同時に精神的にもダメージを受けるものではないでしょうか。

適正な場所に駐車をしていても、少し目を離した隙に車を傷つけられてしまったという経験をした事のある方も居るのではないでしょうか。それは所謂「当て逃げ」という物損事故です。車を傷つけられた瞬間を目撃していた人がいたならば、物損事故として証明を知る事も出来ますが、誰も見ている人が居ない場合には残念ながら事故の立証は難しいと言われているようです。同じ交通事故でも警察の方もひき逃げ事故ならば全力で捜査をするという事ですが、物損事故だとそれ程期待が出来ないという事が現状のようです。

当て逃げをされた時に運良くそれを目撃出来たならば、その時にするべき事は相手の車を追いかける事ではなく、相手の車のナンバーを控えておく事のようです。目の前で自分の車を傷つけ、謝罪に来るならばまだ許せる事でも当て逃げをされたとなれば、誰しも腹が立つのと同時に自分自身で相手を捕まえてやろうと思うかも知れませんが、それはとても危険な事と言われています。相手の車を追い詰める事に集中する余り、思わぬ所で交通事故を起こしてしまうという事もあるようです。

後日そのナンバーによって警察がその相手を探し出してくれるでしょう。その時に相手が嘘をついたとしても、お互いの車の傷を照合する事で直ぐに分かってしまうという事です。その際に損傷をした車の修理代が問題になりますが、まずは自分が契約をしている保険会社に連絡をする事が必要という事です。事故を起こした相手側がきちんと自動車保険に加入をしていたならば、その保険から修理代を支払って貰えますが、その際にも相手の保険会社では過失の割合を聞いてくる事もあるようです。

しかしながら、当て逃げをするような加害者であれば、自動車保険に加入をしていない可能性もあるかも知れません。そういった場合は最悪、自分の自動車保険で修理をする事も考えなくてはならないかも知れません。加害者がどんな人物であるかという事も見極める必要もあるかも知れません。誠実な性格ならば、車をぶつけるという交通事故を起こした時に逃げるような事はないのではないでしょうか。出来るだけ自分自身が直接係わらずに警察や保険会社に相談をする事が、無難な対処法と言えるのではないでしょうか。

Copyright(c) 2014 交通事故のトラブルに対する対処All Rights Reserved.