banner

最適なアンペア数

厚木の一戸建て住宅に最適なアンペア数

一戸建て住宅の電気料金はアンペア数によって基本料金が決まっていますが、最大で60Aが現在の主流となっています。オール電化住宅の場合には80Aから100A程度必要となってきますので、深夜電力を活用するなどの工夫で電気料金を節約することが可能です。厚木の一戸建て住宅でも同じことが言えますので、電気料金の節約のためには最低限のアンペア数に落とすことも必要になってきます。

現代では電気製品のない生活は困難となっていますので、一戸建て住宅の内部には様々な電気製品が使われています。

新型の電気製品は省エネのために電気の消費量を抑える設計がされていますが、古い製品は電気の消費量が多いため状況に応じて新製品に買い換えることも必要になってきます。一戸建て住宅にある電気製品の中で電力消費量の高いものは熱を交換する機器となりますので、エアコンや電子レンジ、炊飯ジャーやドライヤーが消費量の多い機器となります。

アンペア数が少ない場合、同時に複数の電気製品を使用するとブレーカーが落ちてしまいますので、電気製品の使用方法に工夫が必要になってきます。厚木ではエアコンを暖房に使用するケースも多くなりますので、快適な生活のためにはアンペア数に余裕を持たせる必要があります。

電気料金は電力会社によって若干異なっていますが、料金の算出には同じ方法が用いられているため、必要最低限の契約にすることで電気料金を節約することができるのです。

アンペアを下げると同時に複数の電気製品を使用できなくなりますが、空調機器は常に使用するものですから極端にアンペアを下げてしまうと生活に支障を来す場合があります。ですから厚木で一戸建て住宅を新築するには、空調機器の負担を減らす基本性能を高めることが大切です。

高気密高断熱工法を採用すると、冷房使用時には冷やした空気が外に逃げないため設定温度を上げることが可能ですし、暖房の場合には設定温度を下げることが可能となります。住宅の基本性能を高めることで省エネが可能となりますので、新築時に建築コストが割高になっても高気密高断熱工法を採用することが大切です。

一戸建て住宅を新築すると長く住むことになりますので、ランニングコストを抑えることが経済的な生活に繋がってくるのです。電気製品では価格の高い高機能の商品に魅力を感じてしまいますが、ランニングコストを考えれば電力消費量の低い設備を導入することも大切なのです。”

Copyright(c) 2018 厚木の一戸建てを建てていくことを考えていくときに細心の注意を払うべきポイントAll Rights Reserved.