banner

頼りになる弁護士

交通事故の通院日数認定にも頼りになる弁護士

交通事故にあってしまったら、いろいろな煩雑な手続きがあります。賠償金にも細かい基準や規定があります。しかし、まずは治療に専念して、少しでも早く治すことが先決です。その上で、賠償金の請求をする段階に移ります。賠償金にもいろいろな事象に対して発生してきます。対象になること、ならないことが細かく、さらにケースバイケースで発生するので、かなりわかりにくいです。それを漏れなく計算するのも大変です。さらに支払う側としては出費を抑えたいですから、加害者側と被害者側での相違が発生して、トラブルになることも多いです。その一つが通院日数です。交通事故に合って、その治療のために通院した日数のことを指します。一見、実際に病院にかかった日数なら、診療と言う証拠があるのだから明確で、揉めるはずがないと思いがちです。確かに、症状や怪我などが大きい段階では、治療しなくてはならないのが明確ですので、問題になることは少ないです。しかし、治療が長きに渡ってきたり、間隔があいている場合などは、必要な治療ではないと判断されて、保険金での治療費負担を打ち切られたり、支払を拒否されるケースも出てきます。治療費の負担だけが問題ではありません。交通事故の通院日数は通院交通費、休業補償、慰謝料の算出に関わってくますので、大きな意味合いがあります。ですから、必要な通院であるのに、認められない、打ち切られるなどは弁護士に相談して対応してもらうことが重要です。弁護士は、法律のプロですがから、必要な通院であることの証明をするスキルがあります。また、法律的に妥当でない、また賠償金の算出時にも漏れがないようにサポートしてくれます。保険会社の対応が妥当なものか、それが妥当でなければ対抗するだけの知識がありますので頼りになります。通院日数が大きくかかわってくるのが慰謝料の算出時です。慰謝料は入院日数と通院日数の長さで決まってきます。もちろん、その他の要因も加味されます。しかし、ベースは治療に関わる日数で出されますので、通院の日数の認定も大きく影響を及ぼします。このように交通事故による通院でも、保険会社がすべてを認めるとは限りません。しかし、事故の賠償金に占める影響は大きいですから、信頼おける弁護士にアドバイスをもらうことは重要です。弁護士は交通事故そのものだけでなく、必要な医療であるかの判断力にも精通しています。ですから、正当な判断で対処してくれます。

Copyright(c) 2014 交通事故のトラブルに対する対処All Rights Reserved.