banner

裁判費用のポイント

交通事故の慰謝料請求における裁判費用のポイント

交通事故で慰謝料請求を相手に行う場合には、主に二つのケースが考えられます。
一つ目は示談で、もう一つが裁判です。示談で行われるときには交通事故によって出た損失に関して当事者同士が話し合いをすることになりますので、司法が介入することはありません。反対に、裁判を行うときには裁判所と言う司法が介入することになりますので、一定以上の請求額を期待することが出来ます。では、裁判を行うときにかかる費用と言うのは一体どれくらいになるのでしょうか。基本的に、裁判費用と言うのは一概に決まるものではありませんが、費用を決める際に参考にしている基準が二つ存在します。

一つ目は、着手金と実費です。着手金というのは、交通事故に関する案件に着手するときに必要になるお金で、実費と言うのは業務の処理にかかるお金です。着手金に関してはケースによってある程度相場が決まっていますので何も困ることはないのですが、問題なのは実費です。
交通事故の案件が複雑なケースを孕んでいた場合には、当然事務の処理には時間がかかってしまうことになります。
現場に行かないとよくわからないような場合では交通費がかかりますし、相手方との裁判を進めるために長期にわたって交渉を行わなくてはいけない場合には通信費もかかることになります。こうした費用は依頼者が支払わなくてはいけないようになっていますので、その点を考慮に入れなくてはいけません。

二つ目に考えられる費用は、いわゆる成功報酬というものです。法律の専門家も仕事として交通事故の案件を処理することになるのですから、当然慰謝料に関する請求に関しても多額のお金を相手から請求することが求められます。慰謝料の請求に失敗した場合にまで法律の専門家に対して費用を支払わなくてはいけないのならば、これほど不公平なことはありません。
ですので、どこの法律家であっても基本的に慰謝料請求のような案件では、裁判に勝ってから支払えばよいと言う成功報酬型の支払い方法が存在するのです。

これは着手金や実費とは別の考え方で、仮に裁判で負けてしまったときには支払う必要はありません。成功報酬の場合には、だいたい請求することが出来た金額から数%の割合で徴収することになりますので、その点は裁判の時に法律の専門家と交渉することが賢明だと言えます。このように、交通事故にかかる裁判費用はどのようなことで費用がかかるのかわかっているのです。これらの基準をもとに考えればわかりやすいわけです。

Copyright(c) 2014 交通事故のトラブルに対する対処All Rights Reserved.