banner

断熱材の有無を確認

厚木で一戸建てを買うなら断熱材の有無を確認する

厚木で一戸建てを購入する際には、どんな点に注意すればいいでしょうか?厚木に限らず一戸建ての購入というのは、さまざまな要素を検討する必要があります。例えば、厚木で建売の一戸建てを購入する場合を考えてみてください。

その場合、必ずチェックしなければならないのは点検口です。点検口は、中に入って修繕やメンテナンスを行う入口のことです。壁内や床下、天井裏や屋根裏などにも設置されています。
ところが建売の一戸建ての場合、この点検口が設置されていないこともあります。設置されていなければ資産価値に影響しますので、購入前に必ずその有無を確かめておくことです。点検口が確認されたなら、その中に入って劣化状況や施工状態を確認することです。これも質の良い一戸建てを購入するうえで欠かせない作業となります。点検口は、壁内、床下、天井裏、屋根裏とありますが、床下では断熱材の有無、断熱材の施工状態、土台・大引の劣化具合を確認することができます。

天井裏では断熱材の有無と施工状態の確認、配線の状況もチェックできます。屋根裏では雨漏りの跡、鉄骨の腐朽、錆の発生具合などを確認します。一戸建てを注文住宅で購入する場合は、依頼先を慎重に選ぶ必要があります。一般に注文住宅の場合、設計事務所かハウスメーカーに依頼して建てることになりますが、双方にメリット・デメリットがあるので注意が必要です。

ハウスメーカーなら社員の教育がしっかりしてることと、モデルハウスを観覧できることがメリットです。設計事務所なら設計の自由度が高いことと、何かと融通が利きやすいことがメリットです。ハウスメーカーのデメリットは、注文幅が限定的になることです。一方設計事務所に依頼するデメリットは、信頼や安心感といった点でハウスメーカーに劣ることです。

さて、一戸建てを購入する際は建物ばかりに目を奪われてはいけません。家をどんな場所に建てるか、つまり土地条件も注意深く検討すべきです。建物が建つ土地選びも重要ですし、生活の利便性に関わる種々の立地条件をリサーチすることも欠かせません。立地条件のチェック項目では、職場までの距離と所要時間、主要交通機関までの距離、位置、学校、病院、警察、店、コンビニまでの距離、分布などがあります。居住者のライフスタイルを念頭に考えるのが基本ですが、よく見極めができないときはプロの建築士に依頼して見てもらうこともできます。立地条件が悪いと、生活のニーズが満たせなくなる可能性があります。”

Copyright(c) 2018 厚木の一戸建てを建てていくことを考えていくときに細心の注意を払うべきポイントAll Rights Reserved.