banner

遺族も慰謝料受けとりが出来る

遺族も交通事故の慰謝料を受け取ることが出来る

交通事故の慰謝料は本人だけが受け取ることが出来るものではありません。それが死亡事故だった場合には、遺族も請求することが出来るようになっているのです。これは法律でも認められている権利だと言えます。基本的に、交通事故にあった場合に認められる賠償請求の権利と言うのは、事故にあった被害者本人しか存在しないのですが、民法の711条に近親者の慰謝料請求権が明記されています。
ですので、相手に何を言われても遺族はその請求権があるということをきちんと主張しなくてはいけません。

交通事故にあった被害者の近親者が請求できるこの権利は、被害者自身が請求できる慰謝料請求とはかなり性質が異なっています。

まず一つ目は、自賠責保険から死亡事故の被害者1名につき、最大で3000万円までのお金を請求することが出来ます。

交通事故によって被害者が存命だった場合には、自賠責保険は一律で支払われることになっていますのでこの点は大きな違いと言って間違いありません。3000万円を超える範囲に関しては任意で加入できる保険でまかなうことが出来ますので、当然これ以上のお金を請求することも可能だと言えます。

そして二つ目が、葬儀費もきちんと支払われることです。交通事故によって被害者がなくなったときには当然そのための葬儀が行われることになるのですが、これも60万円まできちんと支払われることになっています。これは交通事故にあった近親者に対して与えられる権利ですので、しっかりと払うように求めなくてはいけません。交通事故によって被害者がなくなったときに大切になるのは、あくまでも基準は自賠責保険をもとに考えられていると言うことです。

自賠責保険は法律によって強制的に加入が求められている保険ですので、被害者が自主的に保険に入っていた場合には必ずそれ以上のお金を請求することが出来るようになります。しかし、保険会社の人間もプロの法律家が存在しますので、なるべくお金を支払わない方向で法解釈をしてくることになるのです。
これはほとんどのケースで想定しなくてはいけないことで、だからこそ遺族には自身がどのような権利があるのかをきちんと理解しておく必要があります。

交通事故が死亡事故であったときは、本来の交通事故では請求することが出来ない権利が付与されることになりますのでそれをきちんと主張しないと大規模な損失を招くことになります。
法律的にも近親者の慰謝料請求は認められているということを認識しておかなくてはいけないのです。

Copyright(c) 2014 交通事故のトラブルに対する対処All Rights Reserved.