banner

交通事故の無保険

交通事故の相手が無保険だった場合の補償

交通事故をした場合、通常加入している保険会社同士が交渉し、過失のあった運転手の側の保険会社が車両の修理費や怪我の治療費を負担してくれます。しかし、明らかに相手の側が過失割合が高いにもかかわらず、無保険なため賠償金を払えないという場合や、任意保険や自賠責保険に入ってはいるものの、車検を通し忘れていたりして保険が使えない状態だった場合はどうなるのでしょうか。相手が裕福で、損害すべてを自腹で賠償できることは稀ですし、高額な費用の支払いに応じない場合もあります。また、自分の加入している保険会社も交渉する加害者側の保険会社がない場合、加害者本人と積極的に交渉しない可能性もあります。また警察は民事不介入なので、警察の力による賠償金の支払いの強制執行を期待することはできません。
そのような場合、交通事故に詳しい弁護士に交渉を依頼することで加害者が支払いに応じるケースもあります。自分の任意保険に弁護士特約がついているなら積極的に利用しましょう。
また、任意保険というのは基本的には自分が加害者になった交通事故で生じさせた損害を補償するために契約するものですが、オプション契約や特約という形で、自分自身が被った損害を保障するプランに加入することもできます。例えば無保険の相手と事故に巻き込まれ、自分の車両が壊れたり廃車になったりしたときには、自分の車両保険から損害額を埋め合わせることが可能です。人身傷害保険や搭乗者傷害保険に加入しておくなら自分や同乗者の怪我にも対処できます。無保険車傷害保険という特約を扱っている保険会社もありますので、これらのオプションを賢く利用しましょう。自分の過失割合は少ないのに自分の保険を使うことが納得いかない方も多いのですが、無保険者との交通事故で利用する場合には等級が上がらず保険料もそのままという例が多いので保険会社に確認しておきましょう。
また、相手が任意保険に入っていなくて自賠責保険にだけしか入っていない可能性があります。任意保険に入っていても補償額が低くて損害すべてをカバーしきれないような場合でも、これらの特約から足りない分を受け取ることが出来ます。家族が特約に入っている場合、その特約から支払いを受けることも出来ます。
しかし、自分の保険で特約を何もつけていないうえに加害者に支払い能力がまったくない場合や、ひき逃げされた場合には、政府の補償事業に頼るという方法もあります。

Copyright(c) 2014 交通事故のトラブルに対する対処All Rights Reserved.