banner

損害賠償金中で最高水準

裁判・弁護士基準は交通事故損害賠償金中で最高水準

損害賠償金は様々な場面で相手に損害を与えた時に、その損害の大きさによって賠償をするものですが、交通事故の損害賠償についてはその金額を決定する為の3つの基準があるようです。損害賠償金には、被害者側の病院の入院治療費、通院交通費、給与補償等金額が直ぐに明らかになる項目の他に、将来的に被るだろうと推測される損害や被害者の精神的な損害を補てんする為の慰謝料等目に見えていない損害もあるという事です。

現在の段階では目に見えていない交通事故による損害については算出する事が難しい為に、算出が容易である項目を含めて迅速かつ公平に保険料や損害賠償金を算定する為に3つの基準が存在しているようです。それは自賠責保険、任意保険、そして裁判・弁護士という3基準となっているという事です。そしてこの順番に従い金額が高くなるという事で、最も高いのが裁判・弁護士基準となっています。

自賠責保険では、その基礎となっている自動車損害賠償保障法について、その症状等に応じた保険金額が設定されているという事です。これは通常車やバイクに乗る人を対象にした強制保険と言われるもので、3つの内で最も低い金額に設定されています。強制保険が適用をされるのは人身事故となっています。

自賠責保険よりも高い金額設定となっているのが任意保険です。各保険会社が持っている基本の金額により提示される為に、保険会社にとっては自由度の高い金額と言えるでしょう。この金額は自賠責保険よりも高めではありますが、裁判・弁護士での基本的な設定金額に比べると、遥かに低い金額と言えるようです。

裁判・弁護士の設定金額では、過去に実際に裁判で採用された判例を元に金額を設定されているので、国家が承認している金額という事になるでしょう。この金額が適用される時とは、示談交渉で決裂した後に裁判となった時、また示談交渉の段階でも法律事務所が介入した時等となっているようです。

この3つの基本金額は交通事故によって死亡した時の慰謝料についても大きな差異があるようです。自賠責保険では死亡本人の分と遺族分の慰謝料の設定がありますが、遺族の人数が3人以上となるまではその人数が増える毎に増額がされるようです。それでも最高でも合計額は1,000万円を少し超える額となっているようです。

任意保険ではそれよりも高い金額となっていますが、裁判で承認されている金額よりは低い金額となっています。どちらの金額も交通事故により亡くなった人が一家の大黒柱である場合は、最も高い金額となっています。

Copyright(c) 2014 交通事故のトラブルに対する対処All Rights Reserved.